ブーケの花材

覚えておきたい!プリザーブドフラワーの取り扱い方♡

覚えておきたい!プリザーブドフラワーの取り扱い方♡

 

Fleur de Rilaのブーケで使用しているプリザーブドフラワー。

「見たこともなければ触ったこともない」

という方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

最近では、フラワーショップだけでなく、

スーパーの花売り場でもプリザーブドフラワーを

使用したアレンジメントを見かけるようになりました。

 

プリザーブドフラワーは、生花を枯れないように

特殊な加工を施してあります。

 

お花を特殊な液に浸して、生花本来の色を抜く「脱色」から始まり、

花を乾燥させてから着色する「着色」などの

過程を経てつくられています。

 

この着色では、定番の赤やピンクだけでなく、青や黒、

グレーなどの生花にはない色を付けることができるので、

プリザーブドフラワーには数え切れないほどの種類と色があるのです。

 

もし濃い色のプリザーブドフラワーをお持ちでしたら

色移りには十分気をつけてくださいね。

 

濃い色のプリザーブドフラワーと白いお花が長時間密着していると、

白い方のお花に色移りしてしまうので、

薄い紙で密着している花を仕切ったり、

濃い色の花と薄い色の花が密接しないように

隙間に他の花材を入れたりすると色移りは防げますよ。

 

また、もともと生花だったことだけあって、

プリザーブドフラワーはとても柔らかくて敏感です。

生花の花びらに触れるとき、力を入れずに優しく触れているのと同じように、

プリザーブドフラワーもそっと触れるように取り扱ってくださいね。

 

お問い合わせ
PAGE TOP