アーティフィシャルフラワー

プリザーブドフラワーと造花、生花とどう違うの?

プリザーブドフラワーと造花、生花とどう違うの?

 

Fleur de Rilaではプリザーブドフラワーとアーティフィシャルフラワーを使用したブーケのオーダー販売をしております。

プリザーブドフラワーは「普通のお花とどう違うんですか?」というご質問をいただくことがあります。

私達が普段お花屋さんで見かけるお花は、

生のお花で水分がなければ枯れてしまいます。

しかし、プリザーブドフラワーとアーティフィシャルフラワーは、水がなくても何年も咲き続けます。

 

プリザーブドフラワーは英語でpreserved flowerと書きます。

「保存されたお花」という意味で、

生花に特殊な加工を行い、枯れないように作られているお花なのです。

 

花びらの感触は生花そのもので、とても繊細。

でき上がるまでの工程でさまざまな色に着色できるので、ブラックやブラウンなど、生花にはないような色のお花もプリザーブドフラワーならお手のものです。

アーティフィシャルフラワーは造花のことで、シルクフラワーとも呼ばれています。

人工的に作られたお花で、プリザーブドフラワーよりも花の種類やかたちのバリエーションが豊富です。

頑丈に作られているので、多少の衝撃を受けても形が崩れることはありません。

繊細な生花やプリザーブドフラワーは、強く握ると花びらがとれたり変形したりしますが、

アーティフィシャルフラワーはすぐに元の形に戻ります。

生花と見間違えるほど上質なものばかりで、フラワーアレンジメントやブライダルでも

活躍の場が増えていきました。

 

プリザーブドフラワーもアーティフィシャルフラワーも「枯れないお花」という点は共通しています。

Fleure de Rilaでは、この両者の長所を生かしてブーケの制作を行っています。

気になる点はお気軽のお問合せくださいネ♡

 

 

お問い合わせ
PAGE TOP