ブーケの花材

プリザーブドフラワーがブーケにおすすめのワケ

プリザーブドフラワーがブーケに
おすすめのワケ♡

 

プリザーブドフラワーでウェディングブーケ。

ステキですね♡

生花と違って保存できるので結婚式の感動をいつまでも残しておけるのは魅力ですよね^^

リザーブドフラワーの長所と短所はどんなことだと思いますか?

 

プリザーブドフラワーのウェディングブーケの特徴をまとめてみました!

プリザーブドフラワーのウェディングブーケの特徴

長所

・生花を加工しているので生花のような柔らかさがある。

・挙式後もそのままインテリアとして飾ることができる。

・仕上がりを確認できるので安心

・前撮りと本番結婚式で同じブーケを持つことが出来る。(費用を抑えられる)

・生花に無い色のバリエーションがある(黒・青など)

・軽いので花嫁さまの負担が少ない。

 

・プリザーブドフラワーは高価な花材ですが、長所を上手く使えば

リーズナブルかもしれません。

その理由
1・前撮りと本番結婚式で同じブーケが持てるので2個用意する必要がない。
2・生花と比べて挙式後の保存加工の費用が安い。

 

短所
・繊細なので取扱いは丁寧に
(きれいな状態を長持ちさせるポイントがあります)・花の種類が少ないプリザーブドはバラ・あじさい・プルメリア・カーネーション・ジャスミン・ガーベラ・マム・カサブランカなどが一般的です品質が不安定だったり高価すぎたりという欠点があります。

・香りがない

いかがですか?

ウェディングブーケのお花…

何にしようか迷ったら参考にしてくださいね❣️

プリザーブドフラワーの特徴を生かしたウェディングブーケで理想のウェディングブーケを

実現していただけますように♡

 

お問い合わせ
PAGE TOP